スマホからですとリンクが上手く飛ばない場合がございますので、パソコンからご覧ください。

詳しくは上または右側のメニューよりお入りください。


ハーブ講座

化学物質を使わない生活法のご提案の1つです。

歯みがき粉や虫よけスプレーは、脳に影響を及ぼしてしまう有害な化学物質が含まれて

いる物が多くなってしまいました。

ご家庭の中で無意識の中でお子さんに農薬を使っている方も多くなって来ました。

食べ物だけではなく、身の回りの日用品の安全性はとても大切です。

ハーブはお花・草・野菜など色々な原料から作られています。

日本では雑貨ですが、海外では医薬品として扱われている国もあり様々な効果があります。

なるべく化学物質や薬に頼らない方法での健康管理を目指したいですね。

 

どなたでも参加出来ます。お子様連れ大歓迎。

親子で一緒に作る事も出来ます。

お子さんには安全性の高い日用品を使ってあげてください。

 

69()  予約制(65日まで)

時間 10001200

 

手作りの歯磨き粉と虫よけスプレーを作ります。

 

詳しくは → コチラ


自然農法のプランター栽培講座

自然農法について学んでみませんか?

野菜づくりでリフレッシュして癒されてみませんか?

 

自然農法とは、農薬や肥料を一切使わない栽培方法で、心の在り方を大切にしています。

健康といっても、自然に触れる事は精神的健康を得ることが出来て、さらに野菜づくりではコミュニケーションが出来ます。

 

アパートやマンションなどの集合住宅にお住いの庭や畑がない方や、野菜づくりはしてみたいけど畑を借りるまでは出来ない・・・という初心者の方でも野菜づくりの楽しさを知って頂きたいと思います。

お子さんも一緒に楽しんで自然に触れながら食育が出来ます。

プランターで食べられる野菜も作りますが、見て楽しむ観賞用の再生野菜についても学べます。

観賞用は可愛くステキにラッピングをしてお持ち帰り頂きます。

どなたでもご参加頂けます。

 

 

詳しくは → コチラ


専門医による講演会のご案内

CFS(慢性疲労症候群)支援ネットワーク様主催のイベントです。

 

毎年5月12日は化学物質過敏症の世界啓発デーです。

岩手県盛岡市では、水城医師と北條医師による講演会が行われます。

そして、化学物質過敏症の専門外来がある盛岡病院では、化学物質過敏症のシンボルカラーであるグリーンにライトアップされます。

 

日にち 5月13日(土)

時間 14:30~16:00

場所 いわて県民情報交流センターアイーナ

 

詳しくは → コチラ


「化学物質過敏症は栄養で治す」

化学物質過敏症支援センター様主催の講演会です。

 

第一人者の宮田 幹夫医師による講演会です。

宮田医師の講演会はとても貴重な機会です。

 

詳しくは → コチラ

 


宮城県の大気汚染状況

宮城県保健環境センター大気環境部 大気汚染常時監視情報

宮城県各地の1時間毎の大気汚染状況が確認出来ます。

 

二酸化硫黄(SO2) 、光化学オキシダント(Ox) 、一酸化窒素(NO) 、二酸化窒素(NO2)

窒素酸化物(NOx) 、一酸化炭素(CO) 、メタン(CH4) 、非メタン(NMHC)

全炭化水素(THC) 、浮遊粒子状物質(SPM) 、微小粒子状物質(PM2.5)

などの項目がご覧になれます。

さらに詳しくは会員専用ページをご覧ください。


石炭火力発電所建設問題

仙台港に石炭火力発電所が2つも建設されています。

関西電力・四国電力 →  売電先は東京。

 

両方とも、他地域の電力会社によって、仙台をはじめ宮城県の被災地の健康や環境が汚染されてしまいます。

 

化学物質過敏症の患者さん達にとっては悪化させる原因となってしまいます。

肺炎・肺がんなどの呼吸器疾患、喘息やアトピーなどのアレルギー疾患の原因になってしまいます。

中国では、PM2.5などの大気汚染物質により年間200万人の方が亡くなられています。

中国でのPM2.5は日本まで来ているぐらいに広範囲に影響が出てしまいます。

  

詳しくは → コチラ


熊本地震募金のご報告

大変遅くなりましたが、熊本地震の募金のご報告をアップさせて頂きました。

みなさまのご協力ありがとうございました。

心より感謝いたします。

 

コチラからどうぞ。


映画「いのちの林檎」DVD発売

1月に上映会をさせて頂きました、映画「いのちの林檎」のDVDが発売されました。

詳しくはコチラ


映画「いのちの林檎」上映会

おかげ様で多くの方々に来て頂いて大盛況となり、無事に終了させて頂きました。

180名の会場は満席となり、多くの方に化学物質過敏症について知って頂く機会となりました。

来場してくださった方々

ブース出展してくださった方々

スタッフとしてお手伝いしてくださった方々

そして、

尚絅学院大学名誉教授であります北條祥子先生

素晴らしい映画を制作してくださった監督・プロデューサー

助成してくださいました西松建設様

その他ご協力をしてくださった皆様方

多くのみなさまのおかげで開催をする事が出来ました。

心より感謝いたします。


環境アレルギーアドバイザー試験

次回の試験は、2017年9月に宮城県で資格の認定試験を行います。

 

環境由来の健康影響

●アレルギー

●化学物質過敏症

●シックハウス(シックスクール)

などについて基礎的な事が学べます。

 

 

ご興味のある方は、コチラをご覧ください。

<環境アレルギーアドバイザー支援ネットワーク宮城支部>

http://kaa-miyagi.blog.jp

 

<宮城支部 facebook>

https://www.facebook.com/kaa.miyagi

 

試験認定団体>

日本環境保健機構

http://jeho.or.jp/


化学物質過敏症

環境由来の健康影響です。

公害の様に環境病です。

別名「震災病」と言われており、阪神大震災の約10年後に神戸で急増しました。

東北の被災地でも次々と増えています。

 

化学物質過敏症は、

いつ誰が発症してもおかしくない病気です。

2000年の調査では・・・

患者数は70~100万人

予備軍は1,000万人(約10人に1人)

を超えると言われています。

 

発症しても病名が分からない・・・潜在患者

発症する恐れが高い・・・予備軍

と言われる方がとても多くいます。

そのために、啓発活動・患者支援活動を行っています。

 

臭いに反応して体調が悪くなります。

アレルギーやシックハウスの方が発症する場合が多く、その中でも喘息やアトピーや花粉症の人が多く発症しています。

シックハウスの方は、多くが化学物質過敏症を発症しています。

化学物質過敏症の方は、電磁波過敏症、薬物過敏症、日光過敏症、音過敏症などになる方が多くいます。


化学物質過敏症

ごく微量の化学物質に反応して体調不良になってしまう病気です。

中毒の様な症状が出てしまいます。

免疫・神経・ホルモンに異常が出て、精神症状が出る方もいます。

アレルギー

食物アレルギー

喘息

アトピー

花粉症

化学物質アレルギー

金属アレルギー

口腔アレルギー

多くのアレルギーがあります。

アレルギーのうちからキチンと改善しましょう。

化学物質過敏症に移行してしまいます。

 

シックハウス症候群

建物などが原因で体調不良になってしまう病気です。

新しい建物やリフォーム後の建物には要注意です。

ご自宅、学校、職場など時間を多く過ごす所は要注意です。

建物から離れると症状が落ち着くのが特徴です。

ほとんどは化学物質過敏症に移行してしまいます。



各種相談を受け付けています。

<電話相談> 

初回無料・時間制限なし。

 

2回目からは・・・

1時間¥2,000 (会員¥1,000)

延長 30分 ¥1,000 (会員¥500)

全て前払い制となります。

 

※詳しくはコチラをご覧ください。