化学物質過敏症とは?


200910月に病名登録されたばかりの病気です。

別名「震災病」として被災地で急増しています。

患者数は日本に約100万人いると言われています。

また、予備軍を含めると1000万人を超えていると言われています。

いつ誰が発症してもおかしくない「環境病」です。

 

化学物質の恩恵を受けて生活をしていますので、全ての化学物質が良くないわけではありません。

しかし現代では、衣食住の全てにおいて有害な化学物質がとても増えてしまっているのが現状です。

化学物質が溢れている日本ですので、いつ誰がなってもおかしくない病気です。

発症されたみなさまは、「まさか自分がこの様な病気になるなんて・・・」と話されています。

 

発症してしまうと、一般の人では臭いを感じないレベルの極微量の化学物質によって中毒様の症状が出て体調不良になってしまいますが、多くの方は臭いに反応して体調が悪くなってしまいます。

神経系・免疫系・ホルモン系に異常が出る病気で、精神的に症状が出てしまう方も多くいます。

 

化学物質過敏症は、個人差がとても大き過ぎる病気です。

そのために、病気の解明が出来ていない状況です。

原因物質・症状・反応する物・重症度・良くなる為のもの・良くなるための期間

これらが全員が違います。

花粉症や食物アレルギーのように、何の物質に反応するかは人それぞれ反応する物が違います。

例)

〇消毒薬に反応する方は医療機関に入れなくなります。

 しかし、反応しない方は医療機関に入れます。

〇薬に反応する方は、薬によって体調が悪くなってしまう為に薬が使えません。

 しかし、反応しない方は薬によって症状を抑える事なども出来ます。

〇食べ物に反応する方は、食べられる食材が限られてしまいます。

 (食物アレルギーの検査で陰性なのに、食べ物で体調不良になってしまう場合です。)

 しかし、反応しない方は多くの食べ物が食べられます。

 

大量の化学物質に曝露されたか、極微量であっても長期間化学物質に曝されると発症してしまいます。

例)

大量の化学物質 → 地下鉄サリン事件、シックハウス、中毒など。

極微量の化学物質 → 日常使用している合成洗剤や柔軟剤など

 

身の回りに化学物質が溢れているこの時代は、いつ誰がなってもおかしくない病気です。

 

ある日突然・・・臭いに対して体調が悪くなってしまいます。

そして、次々と違う種類の化学物質に反応してしまい、学校や仕事、日常生活まで支障が出てしまい、外出が出来なくなってしまいます。

生活も仕事(学業)も夢も希望も全てが崩壊されて失われてしまう人もいます。

 

災害時は災害弱者となってしまいます。

行政が準備してくれる避難所に行けなくなってしまいます。

また、一般の支援物資も食べられない・使えない・・・という方も多くいます。

 

患者さんはどうしようもない苦しみに襲われています。

この病気は自助だけではどうしようもない病気であり、共助や公助が必要です。

社会全体で対応をして行かなければならない社会問題です。

多くの方々がご協力や配慮をして頂く事によって、患者さんが過ごしやすい社会を作るだけではなく、発症者を増やさないこと、安全で安心した子育てが出来ること、自然環境を守って行くことにつながって行きます。

 

1人でも多くの方に化学物質過敏症という病気を知って頂きたいと願っています。

 

多くの方が経験した事のない苦しみと闘っています。

周囲の方にとっても、なかなか理解に苦しんでしまいます。

しかし、患者さんの言っていることはその方に実際に起こっていることですので、まずはそれを信じてあげて頂きたいと願っています。